必見!共働き世帯が住みやすい環境とは?

子育て応援!住みやすい街を探そう

子育て世帯におすすめしたい住まい探しのコツをご紹介!

子育て応援!住みやすい街を探そう

子育て世代の方へ

当サイトでは子育て世帯に向けて住まいを探す際に注意したいポイントを紹介しています。子育て支援を上手く活用して家庭だけでなく地域全体で子どもの成長を育んでいきましょう。 ※当サイトに関するご意見やご不明な点はこちらからお願いいたします。
       

共働きならここもチェック

        

最近は働くお母さんも増えてきているため、共働きも珍しいことではなくなりました。共働き世帯はそうでない世帯とは優先すべきことが異なっているため、独自の視点で住まいを選ぶ傾向があるそうです。共働き世帯が住まいを選ぶ際のポイントを紹介します。

妻の通勤時間に合わせる

共働きとはいっても、子どもの急病や学校行事などに対応するのは夫よりも妻の方が高い割合となっています。そのため、妻の会社に合わせて決めた方がいざというときに大変便利です。また、自宅から会社までの間に保育園や幼稚園があるかどうかも大きなポイントです。自宅と会社の間にあれば送迎のために時間を割く必要がなくなるため、出勤にかかる時間を短縮することができます。

帰宅途中に買い物ができるかどうか

共働き世帯にとって、帰宅後の時間は分刻みのスケジュールにもなるほどバタバタとした時間帯です。子どもを寝かしつけるまでの間に夕食の買い物や支度、お風呂などを済ませなければなりません。ですが、帰宅途中にスーパーなど食材の買い物ができるところがあればわざわざ改めて買い物に行く必要もないので時間を短縮することができます。

マンション?戸建て?

マンションにするか戸建てにするかは好みの問題もありますが、子どもがいる世帯は周りの目を気にする必要がない戸建ての方がいいと思っている人も多いのではないでしょうか。確かに、小さな子どもがいるような世帯の場合、子どもの声や足音など周囲の迷惑にならないか気にする人もいます。のびのびとした環境で子育てをしたい人には戸建ての方がいいかもしれませんが、共働き世帯にとって戸建ては必ずしもいいとは限りません。
時間が限られている共働き世帯にとって問題となるのがゴミ出しの時間です。会社が近ければそう早く出勤しなくてもいいのでゴミ出しの時間に悩むことはないかもしれませんが、郊外など少し離れた場所に戸建てを建ててしまうとゴミ出しの時間と出勤時間が合わないこともあります。ですが、ゴミ出しの時間に合わないからといって前日や早朝に出してしまうのはルール違反ですよね。しかし、マンションならば曜日や時間に関係なくゴミを出すことができるので、この問題はクリアすることができます。
子育て世帯にとっては魅力的な戸建てですが、共働きの生活サイクルを考えるとマンションの方が住みやすいかもしれません。

近くに病院がある

子どもというものは突然病気になったりケガをしたりするものです。しかもそれは休日だったり忙しい朝であったりと時間に関係なく起こるため、共働き世帯にとって病院が近くにあるというのはとても心強いことではないでしょうか?共働き世帯はそうでない世帯に比べると時間の融通がききにくいため一分でも惜しいものですが、病院までの距離が近ければ近いほど確保できる時間が多くなるので病院までの距離は大変重要です。また、大きな病院であれば休日や夜間などの時間帯も救急対応してくれるので、仕事を休むことなく病院に連れて行くことができます。

共働きならここもチェック

子供との引っ越しをお考えの方へ